家賃二万円のブログ

貧乏学生です。経験は授業程度ですが、学習意欲はありますのでプログラミングのバイト雇ってください。使い捨てで良いです。

流行りのMastodonの使い方

一昨日辺りからやたら騒がれ始めたこのサイト。
Twitterのように一社がやっているわけではなく、色んな個人が作ったサーバでやっています。

日本の方々は22歳の日本人が建てたサーバーにいるようですが、個人サーバは耐えられず閉鎖する予定だそうです。

始め方

とりあえずサーバを決めるところから始めます。
Mastodon instances
大きなサーバーのほうがみんないて楽しいのですが、パンクや閉鎖など起きる場合もあるのであんまりよくはないかなと思います。
(多分サーバーを変えてもフォロー状態の移行ができるので、繋がりは立たれないはず…)

名前とメアド打って送信。メール先に認証リンクが届くはずなので、それをクリックしてログイン。

注意

自分も初めはめっちゃ盛り上がって2ケタのIDを申請したりしていたのですが、アカウントIDは連番制(初めに作った人が1、次に作った人は2みたいな)なので、あんまり少数IDの希少価値はありません。
過疎サーバなら、IDを登録する人がいないので、余裕で申請が通ります。
また、現在はアカウント消去法がないため、一度作ったら残ったままになるそうです。


他分かり次第追記予定。